ありがとうエディヴァンヘイレン!

スポンサーリンク

10/7の朝目覚めてかなりショックを受けた。

エディヴァンヘイレンが癌で亡くなった。

元々癌を患って克服してを繰り返していたから、いつかは…なんて思ってたけど、まさかだった。もう一度日本に来てもらいたかった。本当に残念。

ヴァンヘイレンってなんぞや?と思う人もいると思うけど、この曲は1度は耳にしたことがあると思うhttps://youtu.be/SwYN7mTi6HM

この曲が入ってる「1984」は当時売れに売れまくっていたマイケルジャクソンの「スリラー」をチャートから引きずり下ろした

ロックアルバム名盤なんだけど、このアルバムを機にデビューからずっと一緒だったボーカルのデイヴが脱退する。

(その後デイヴはソロで成功してスティーブヴァイやビリーシーンを見出したのは有名な話)

実は10代の頃ギターばっかり弾いてて、

エディはかなり影響を受けたギタリストの1人なんだけど、当時リアルタイムで聴いてた人は衝撃を受けたらしい。うちの親父もギターを弾いてバンドをやっていたらしいけど、

クラプトンに狂ってた親父はエディヴァンヘイレンはそんなんありか!って感じだったみたい。「エディはクラプトンの影響を受けている。タバコをギターのヘッドに、指してるのはクラプトンの影響。だからクラプトンはすごいんだ」と熱弁してたのをよく覚えてる。ヴァンヘイレンってギター弾き始めたときに立ちはだかる壁のひとつだと思ってて、

弾いていくと、スゲーってなるし奥が深けぇってなる。

ライトハンド奏法と半音下げチューニングが代名詞で、初めてYou Really Gut Meをコピーしたときに音が合わなくて親父に聞いたら

「ヴァンヘイレンは基本的に半音下げチューニングやで」と言われて、「なにそれ?」ってなったり、ギターのタブ譜を見て2弦7.8トリル14.7.8ってなっててどないなってんのこれ?ってなった人はたくさんいるだろうし、

Amって弾き方変えるだけでこんなかっこいい音になる?って思ったし、

ハーモニクス+アーミングでこんな音出るの?ってなるし、

コード崩しすぎてルート音しかわからへんやんってなるし、

ギターってこんなに楽しいのかと思わせてくれたギタリストなんだけど、当時ヴァンヘイレン聴いてた人は

ネットもなかったし?????ってなったんだろうなとおもう。ちなみに

2代目のボーカルサミーヘイガーの時はレギュラーチューニングなんかーいってなる曲も沢山ある。 

ヴァンヘイレンはデイヴ以外認めないって人が多い中、僕は2代目サミーヘイガーの時のヴァンヘイレンが好き。

ちなみに3代目のゲイリーをボーカルしか認めないって人はいないと思う。多分。

サミーの時って結構サウンドがブライトで、気持ちいいし、実際ヒット曲はサミーヘイガーの時の方が多かったはず。

適度にポップで軽くて凄く気持ちいい。今振り返れば

僕のサウンドの原点は多分この辺だろうなと思ってる。

バイトが終わって、ヴァンヘイレンをずっと聴きながら帰っていたんだけど、JumpとかTop Of The  World とかRight Now とか Judgement Dayとか聴いてたら

涙が止まらなくなった。電車待ってたら号泣。まさかのJumpで泣くとは思ってなかった。

当時、エルレとかバンプとか、アジカンとかが流行っていた時代に、1人でヴァンヘイレンコピーしてたのがもう強烈に蘇って蘇って。

やっぱり赤と白のストライプあこがれたし、やっすいギターで実際に塗装やってみたこともあるし(もちろん強烈にダサい仕上がりになったけど)

まさかの今、ギター弾いてないけど。本当に大好きだったんだなと思った。

ギター弾きたくなってきたよ。

RIP エディ!!!

本当にありがとう!!!

タイトルとURLをコピーしました