洋楽 クリスマスソング19選

スポンサーリンク

Wham!やマライヤはもう飽きた!

もう明後日はクリスマス。街では、クリスマスソングがたくさん聞くことができます。

邦楽の定番といえば山下達郎。クレイジーケンバンド・B’zなどなど、

日本にはたくさんの定番があるわけですが、こと洋楽となると街で聞く

洋楽のクリスマスソングといえばみんなが知ってるのは

この2曲ぐらいじゃないかと思います。

Wham! Last Christmas

マライアキャリー・恋人たちのクリスマス

おしゃれを売りに出しているショップではよく聴きます。

僕もWHAM!は大好きだし、マライアも大好きですが、流石にもう飽きたと。

この時期は特に思うわけです。クリスマスソングというのは元来外国ではたくさんのアーティストがカバーしてたり作ってたりします。(日本でいう桜みたいだね)

今回は洋楽の中からオススメの曲をいくつかご紹介.変わった曲から定番までご紹介。

クリスマス限定のカフェのBGMにしてもいいかもしれませんね。

記事の最後に行くほど変なクリスマスソングになっていきます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カフェのBGMで使えるクリスマスソング

Band Aid 1984/Do they Know it’s Christmas 

イギリスのロックバンド、ブームタウンラッツのボブゲルドフを中心に、イギリスアイルランドのポップスター,ロックスターが集結したチャリティーユニット。

1984年 1989年 2004年 2014年とメンバーを変えて何回か結成されている。

Shakin Stevens Snow Falling

1948年4月4日にウェールズのカーディフで生まれ。

1970年にシェイキン・スティーヴンス&サンセッツ( Shakin’ Stevens and the Sunsets )としてデイヴ・エドモンズ( Dave Edmunds )のプロデュースによりデビューしましたが、

1980年代までは商業的な成功はありませんでした。

まったりしたバラードではなく、ロカビリーをベースとした心踊るクリスマスソングです。

Take That Shine

1989年に英マンチェスターで5人組として結成。ファースト・アルバム『テイク・ザット&パーティ』(1992)は全英2位、セカンド・アルバム『エヴリシング・チェンジズ』(1993)は全英1位を獲得、最初の2枚で瞬く間に成功を手にした。サード・アルバム『ノーバディ・エルス』(1995)は全世界で600万枚を売上げ11か国で1位を獲得し、世界での成功も手中に収めた。Shineはイギリスの百貨店モリソンズのクリスマス商戦のCMとして起用されている。

Backstreet Boys – Christmas Time

米・フロリダを拠点に1993年結成。1995年のデビュー以来、通算CDセールスは1億4千万枚を数えている。1999年、3rdアルバム『ミレニアム』で初の全米アルバム・チャートNo.1に輝き、そのまま10週連続1位を維持し、1999年の年間チャートでもNo.1を獲得した。日本でも「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」が洋楽チャート1位の大ヒットを記録するなど幅広い人気を得る。日本ではこの『ミレニアム』に続く『ブラック&ブルー』(2000年)、『グレイテスト・ヒッツ チャプター・ワン』(2001年)が3作連続でミリオン・セールスを記録している。2018年に結成25周年を迎え本格的にグループを再始動

Jon Bon Jovi – Please Come Home For Christmas (Extended)

アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のミュージシャン・俳優。ロックバンド・ボン・ジョヴィのリーダー。曲はクリスマスですが、なぜか出で立ちが夏です。


Paul McCartney – Wonderful Christmastime

一昔前までは定番だったかな?わりと聞くクリスマスソングの一つ。

ビートズのポールマッカートニーのクリスマスソング

Katy Perry – Cozy Little Christmas

カリフォルニア出身のシンガー・ソングライター。
デビュー前より、あのマドンナがお気に入りの新人として紹介し注目を集める。ポップなうた、キュートなルックス&キャラ、抜群のファッション・センスで世界的大ブレイクを果たしたプリンセス・オブ・ポップ。2008年、全米シングル・チャート7週連続1位の「キス・ア・ガール」や「ホット&コールド」などのヒットを収録したアルバム『ワン・オブ・ザ・ボーイズ』でデビュー。

最高に可愛いし、なんだかエロいですね。

Ariana Grande – Santa Tell Me

1993年6月26日生まれ、アメリカ合衆国フロリダ州出身。8歳の時に北米プロアイスホッケーリーグで国歌斉唱、15歳でブロードウェイ『13』に出演、その後ミュージカル・ドラマ『ビクトリアス』でのキャット役といったキャリアを積み、“ネクスト・マライア”と称賛される程のズバ抜けた歌唱力の持ち主。デビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』が全米アルバム・チャート初登場1位を獲得し、アメリカン・ミュージック・アウォーズ2013で最優秀新人賞受賞。

Boney M. – Mary’s Boy Child (Lyrics)

ドイツ出身のディスコバンドで1970年〜1980年代に活動した。曲はディスコというよりもベタなクリスマスソングです

ロックバンドのクリスマスソング

ここからは、ロックバンド、ロックミュージシャンのクリスマスソングです。

Bruce Springsteen Santa Claus Is Coming To Town

アメリカの兄貴。ブルーススプリングスティーンのクリスマスソングです。

Queen – Thank God It’s Christmas

ご存知クイーンのクリスマスソング。オペラのような雰囲気。

Elvis Presley Lonely This Christmas

監獄ロックでおなじみのエルビスプレスリーのクリスマスソング。アメリカのオールディーズの雰囲気がありますね。

バンジョーでカントリーなクリスマスソング

Dueling Jingle Bells

ヘビーでノイズでメタルなクリスマスソング

Twisted Sister – Oh Come All Ye Faithful

80年代に活躍したアメリカのメタルバンド,トゥイステッドシスターのクリスマスソング。メイクは派手だけど、ボーカルのディースナイダーは本国ではタレントとして活動中。

The Kinks – Father Christmas

、イギリスのロックバンド。1964年に、ロンドン北部のマスウェル・ヒルでレイとデイヴのデイヴィス兄弟によって結成された。アメリカ合衆国ではブリティッシュ・インヴェイジョンのグループの一つとして分類される。VanHalenがのちにカバーしたユーリアリーガットミーが有名で、アメリカでも影響を受けたバンドはたくさんいます。

Smashing Pumpkins – Christmastime

1990年代のオルタナティブロックムーブメントを牽引したバンド。グラミー賞にもなんども受賞しているレジェンドバンド

Hear N’ Aid /Stars

ロニー・ジェイムス・ディオが中心となったプロジェクトで、宗教的な理由やPMRCからの講義とモラルを保つために結成モトリー・クルー、ジャーニー、ドッケン、クワイエット・ライオット、ジューダス・プリースト、WASP、トゥイステッド・シスターなど

当時のトップ・メタルバンドの面々が参加。Starsという曲はやったらめったらギターソロが続く悪魔のような楽曲になってます。

BEAK – (Merry Xmas) Face The Future

トリップホップというジャンルを築いたPortisheadというバンドのメンバーがサブプロジェクトで始動させたバンド。

Mogwai: Christmas Steps

インダストリアルロックの大物。ヘビーノイズでラウドなバンドです。

くりウマス糞食らえ!といった感じの曲です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ベタなクリスマスソングから、ちょっと変わったものまでみなさんも素敵なクリスマスをお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました