制作におけるシングル・アルバムの是非論

スポンサーリンク

音楽を作っていて思うことがある。それはアルバムを作るかどうかという問題だ。

最近特に思う。

シングル作って、じゃあアルバム作って、という昔ながら?音楽産業の常識みたいなのがどうも変わってきてるんじゃないかなと思っている。

っていうのも、誰でもリリースができるようになり、Youtubeでのリリースができるようになった今、「アルバムって作る意味ある?」「ヒットしたシングル集めたら全部ベストアルバムにならない?」っていう疑問があるわけだ。

アルバムを通しての世界観は本当に作り込まないと意味をなさないと僕は思ってる。

ダンスミュージックを作ってるわけだけど、ほら、僕の曲って歌詞ないの多いじゃない。

ってことはよ、一番作りやすい言葉での世界観って僕の場合意味をなさいことが多い。

え、じゃあアルバム作る意味ってなんですかと。

例えばEDMのアーティストでアルバムの販売をしている人が結構少ない。

マーティンギャリックスやDimitry Vegas&Mike なんかEPばっかりで

この曲とこの曲まとめてくださいっていう買い方ができない。一個ずつポチる。ということが起きる。統一した世界観とかそう言った表現をしない限り

アルバムっているのか?

僕もリリースに向けて、バイトをしながらせっせこせっせこ曲を作ってるわけだけど、

アルバムでリリースをしようかどうしようか本当に悩んでいる。EPで出すかシングルで出すか。

CDという物質を前提に考えなくなった今、シングルもアルバムもないよなって思う。Youtubeでシングルみたいなものも出せるし、tunecoreでも出せるわけだ。となると、youtubeで反応見てspotifyで出すとか、とにもかくにもSpotifyで出してみるとかなんとでもできるなーと思う。

シングルでヒットしても、アルバムを聞いてくれるかどうかは別の話だし、

アルバムを作ることでその分リリースの速度が下がるのも嫌だしと。

色々とメリットデメリットはあるけど、そこも踏まえて考えてやってみようと思ってる。

タイトルとURLをコピーしました