親も僕もお金の勉強はしてこなかった。

スポンサーリンク

底辺の独り言#30 親の言うことは絶対ではない。わからないところは自分で補填しないと…

世間一般の同調であったり、常識や社会通念が周りと自分との距離が離れれば離れるほど辛くなるし、死にたくなる。日本人とはこういうものなのか。

カンケーねーよ、なんて声高らかに言いたいけどそれも言えるほどの自信がない。でも幸せといえば幸せだ。

働きたい時に働いて、適当に飯食って、誰にも文句言われず夜遅くまで音楽作って疲れたら寝る。自分の親は

「正社員。正社員。正社員。」と言っていたけど、僕は疑問に思っていた。1人で地に足つけて生きていくことでわかったこともある。実家にいたらそれこそ分からなかった事だ。

実際、一家離散になって正社員と声高らかに叫んでいた親は今やフリーター。

親の発言が絶対ではないというのも1人で生きていく事でわかった。

1人暮らしができるって事は僕の経済を回すということで、限りあるお金を何に投資をしてどうやって活かすかってことに頭を使う。早くに気づいてよかった。

お金のことについて何も教えてくれなかった親は今、お金に振り回されている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

親はお金についてよくわかってなかったと思う。

僕の親は「なんとかなるさ」と言うかんじで、その部分にかなり救われたことがあるけど、お金に関してはあまり教えてもらえなかった。

もしかしたら、時代がそうさせたのかもしれない。バブル世代っちゃバブル世代だし。

いわゆる社会通念として生きてく術として「金の話はするな」ってことを言ったんだろうけど結局のところお金について何もわかってなかった気もする。

お金=汚いって思ってたのかもしれないけど。

お金の仕組みとか聞いても「天下の回りものや」なんてはぐらかされることが多かったので、知らない。もしくは分からなかったのかもしれない。

でも、それがダメとかそういうことではなくて、親も教えてもらえなかったのだとしたらそれは仕方ない。

だって、理解してない事は教えれないから、親も知らなかったと思う。知ってたら教えてくれたはずだ。だって自分の子供だし、お金は生きていく上で大切だ。

僕にいろんなことを教えてくれた親だから、知らなかった。勉強してこなかったんだとおもう。

お金の勉強は自分でするしかない。

一度母親とお金について話したら,「あぁこれはダメだ。これじゃうまくいかない」と直感的に思った。

ただ、根拠はない。なんとなく「これはうまくいかない気がする」そんな感じ。

じゃあ自分でお金の勉強をするしかない。と思って本を買ったり、株式投資をしたり、FXをやってみたりした。

FXを始めた昨年も「危ないからやめておき」といわれて、Twitterをフォローされていた親戚からも言われた。ただ、何が危ないのか?と聞いても、

根拠がない説明とよくわからない説得をし始める。理にかなってないというかなんというか。全く分からなかった。そこを突っ込むと感情論で攻め立てられる。

いや、違う。僕は何が危険か聞いてるんだ。こういうことがあってダメなんだと納得のいく説明をしてくれと。注意をしてくれた親戚も多分わかってなかったんだと思う。

話は平行線。噛み合わない。

追証について言いたかったんだろうが、そんな事こっちも調べてたわけだし、リスクについて理解もしてた。

だから僕は反対を押し切ってFXをやった。貯金してた5万円が3日で溶けた。

「そらみろ、言っただろ。馬鹿だなお前。」

おそらくそう思っただろう。でも、親や親戚がおそらくした事のない経験をした。わかったこともある。

これはやらなければわからなかったし、ギャンブルをやってたからわかったとも思うし、お金について少しでもわかろうとしたからわかったんだと思う。

FXは稼ごうとすると稼げないし(これはほんとそう)株もそう。なんだか仏教とかの精神論見たいな世界だ。

あのとき身銭をきってFXをやったことで、ドルと日本円についてや円安円高など経済により興味を持つようになったしわかるようになってきた。

経済についてもお気に入りの先生も見つけてTwitterもチェックしてる。経済って奥が深い。お金は経済と結びついているし、お金を生むのは人だから信頼を得ればお金も入ってくる。お金も経済も面白い。

お金に対する嫌悪感がお金を遠ざけてるのではと思った。

いわゆる、昨今のコロナウイルス禍で思ったのが、サラリーマンもアルバイトも会社がお金を産んでそこに属することで食べて行っている。自分の手で稼いでいるという実感がない。

「くびになったらおわりやん。」サラリーマンがダメって言うわけではないけど、でもそう思った。

雇用保険やら雇用調整助成金やら、守られているところはかなりあるけど、守られすぎるといろんな感覚が遮断される。「クビになった時に自分は何で稼げるのだろう?どうやって食べていけるのだろう?」

金は心を満たさないだろうけど、お金を稼げるという事は自信になるはずだ。自分は何で稼げるのだろう?生きていけるのだろう?自問自答している。

お金の勉強はして損はない。お金に関する名言

僕が考えるお金を使う幸せのひとつに、欲しいと思った時に少しだけ「これ買っちゃうと生活できるかなって?」悩んで、やっぱり買う。

そして「やべ〜かっちゃったぁぁぁぁ(*ˊ꒳ ˋ)」って思ってる瞬間が一番幸せ。何かを買うって言うのが作業になるととたんにつまらなくなるのは不思議だ。

お金に関する名言で好きな言葉をいくつかメモっておく

「カネは持っておけよと何があるかわからんぞと、死ねばそれまでだが、万が一生き残ってみろ金がかかるぞ。だから持っておけよ」 立川談志 

「現金で最低6ヶ月は持っておいてください。怪我したり病気になって入院でもしたら、1人で生きてけないですよ。生活保護もありますが申請に1ヶ月以上かかりますから」 生活保護を検討してた時に相談に乗ってくれた人。

「カネは信頼を生まないが信頼はお金を生む」ホリエモン

お金に関するオススメの本

生涯投資家vs生涯漫画家 世界で一番カンタンな投資とお金の話 (文春e-book)

いま君に伝えたいお金の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 (角川書店単行本)

タイトルとURLをコピーしました