親戚の集まりが苦手。

スポンサーリンク

お正月に親戚筋に顔を見せに行く行事が辛い。とても辛い。て言うか行ってない

なぜならば参加すればやれ定職につけそんなのでは社会は生きていけないだの、心配していると言う仮面をかぶって価値観を押し付けられボコボコにされるからである。

大丈夫やからちゃんと仕事してるからって言うような話をしても、何度もおんなじ話ばっかりでそこにいるだけで1分たりとも時間の無駄だったなぁと思うことがたくさんあります。正社員になれ正社員になれ!と呪文のように言われるんですが、

正社員になるのが正義なのだろうか?ふとそういったことを考えることもある。今回は親戚筋と話がだんだん合わなくなってきた話。

スポンサーリンク

誰かに食わせてもらってると感じた倒産経験

基本的には正社員=確実、保証されてるという事であり、終身雇用と言う時代を生きてきた人は今もそれが続いてると思ってる人が多いと思う。でも、人の寿命より会社の寿命の方が短いこの令和において、もはや正社員になると言うことがリスクと考えることも近い将来あるのではないかと思います。

バイト先が倒産したときに思ったのが、バイトである事と社員であることは誰かに食わせてもらっていると、同義で、自分で稼いでる、自分の力で食べさせてもらってる感じがしなかった。正社員であれば自分の食い扶持は確保できるだろうが、将来の不安が残る。

大手も銀行もリストラがどんどん加速している

いつクビになるかわからないし、自分の時間なんてつくれない。稼ぐ力をつけてお金と時間の自由を確保しないと生きていけないと思った。大手に就職したってリストラはされる。

森永卓郎が解説〜過去最高益のなかでセブン&アイが大リストラする本当の理由
「物を買いに出かけなくなった」。

だから僕はこうしてブログを書いてるわけだけど、ブログを書いて収益だそうとしてるのは1人で自分の手で稼ぐ力をつける練習を今のうちにしておきたかったからだ。

音楽で収益を出すのが1番だけど、ゼロから1を作るのはかなり時間がかかる。

集中できる環境を構築しないといけない、これから生きていくには、会社に雇われるのではなく、自分の力で食ってかないといけない。狩猟時代。大手での正社員で役に立たないとリストラされるし、終身雇用保障なんてもう無い。そうなるといろんな技術を身につけて生き延びていく方法を身につけないといけないと思った。

ブログを書いたりYoutubeをやったりしているのはそのため。

まぁこの歳にもなって夢を追いかけているなんて言われると何遊んでんだふざけんなと思う人の方が大半だと思いますか、別に親のスネをかじっていないし、僕1人で今は生きているので、

自立してるってことです。

なんでそんなこと言われなきゃいけないんだと思うこともたくさんあります。

家賃払ってさ、子供部屋おじさんおばさんにもなってないわけです。

自立ってこういう事です。

でも、終身雇用を生きてきた親世代にブログやYouTubeで稼いでます。みたいな話っておそらく、ミュージシャンで食っていきますより実現性がないと思ってるし理解不能

というか、なーんにもわかってないと思う。そんな話をしても理解してもらえないだろうしテレビと新聞が情報源だけだと、現代社会に情報社会に取り残されてる気が凄くするなぁと思う。

サザエさんもクレヨンしんちゃんもファンタジーになってきた

サザエさんは僕が小さい頃からファンタジーだと思ってた。

今まではサザエさんは日本の理想の家庭像として描かれたりしてたんだろうけど、

サザエさんほどファンタジーで実感のない家族像だし、クレヨンしんちゃんも最近はファンタジーで実感がまるでない。

SFだ。

僕は火曜日にもサザエさんがやってた時代に見て育ってきたけど、携帯電話が現実に出てきたあたりからファンタジーがすごくて、アニメと現実の乖離はかなりあるし、サザエさんのような家族って当時でも??だったもんね。無理あるやろうと。

実の姉夫婦が実家に住んでるってどういう状況?

そんなことありえるん?

話はそれたが家族のイメージが変わっていってるこの世の中で、サザエさんやクレヨンしんちゃんを家庭の理想像としている人にYouTubeやブログで稼ぎますって言っても理解してもらうことが不可能だと思って接する方がいいと考えて、親戚筋には何を聞かれても、元気でやってますの一択で押し切ろうと。それで押し切ろう。

だって絶対理解してもらえないもん。価値観の押し付けすごいし。

なぜ正月にもなって顔を見せたくないのかって言うことも考えてほしい。

1人暮らしの記事を書いてるけど、出てよかったと思う。実家にいたら多分ずるずるとダメになってたと思う。

1人暮らしは家をでる勇気って言った友達に感謝したい。ありがとー。

タイトルとURLをコピーしました